雇われ生活に疑問を持つ人と持たない人

txt_01

小玉歩さんの対談動画を観た感想についてのお話です。

この動画は、小玉さんが主催・運営をしているメンタークラブで特に大きく実績を出されている実力者5名との対談です。

 

今回、第2話の動画で私が注目した場面が、「会社員の憂鬱」について話していたところです。

一番心に響いた言葉が小林昌裕さんがおっしゃっていた、「会社に忠誠を誓う必要はない」「会社がサラリーマンの人生を約束しない」です。

私も昔は、会社に忠誠でした。ですが、それも見事に裏切られました。

動画の中で小玉さんもおっしゃっておりました。「自分がいなくなっても会社は何事もなかったかのように動く」と。

 

私も会社に対しては物凄く疑問に持っています。

「仕事人間になり自分の人生を生きていないような人」、「会社の給料・待遇に不満を持ち、職を転々としている人」など私の周りにはたくさんいます。なぜならこれが当たり前のことだと思っているからです。

しかし、もし私のように会社に対する疑問を抱いている人がいるのなら、会社がこの先の私たちの人生を約束しない以上、無理して会社だけにしがみつく必要があるのでしょうか??

別に会社員生活を否定しません。国や社会の為に立派に働いている方もいます。

ただ今の時代、自分の身は自分で守ること=自分で稼ぐ力が必要なのではないでしょうか?

 

別に小玉さんや他の5名のように大物になる必要はありません。会社にこだわらず収入を得る方法は、今の世の中いくらでもあります。まずは騙されたと思ってそういう世界を覗いて見るのもよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】

☆当サイトでも利用している初心者でも使いやすいブログ開設のテンプレートです。


メルマガを始めるなら~

▲トップへ戻る