Web集客の基礎

個人が【インターネットを使って稼ぐ】には、あらゆる知識・ノウハウが必要となりますが、その中でも「集客」は、ビジネスをやっていく上でとても重要になってきます。

特にインターネットを使ったビジネスは、「Webから集客する方法」、ずばり『Web集客』をしっかり理解し、自分のビジネスに取り入れていく必要があります。

 

インターネット技術が発達する前の一昔の集客活動は、「テレビCMや新聞広告など、マスメディアにおいての認知・広告活動」「リアルな現場でのセールス・営業活動」など、資金も労力も掛かりハードルが高い面から、ビジネス自体が限られて人しかできていませんでした。

 

しかし、インターネット技術が発達し、Webマーケティングが普及してからは、個人ビジネスの可能性が大きくなり、また大企業もWebを使って集客するなど、Web戦略は必要不可欠となっています。

 

Web集客の目的

Web集客は、「インターネットを通して商品やサービスの認知度を上げ、売り上げ向上に繋げること」を一番の目的としています。

ホームページ・ブログ・SNSなどのインターネット上の媒体も、無暗に使わず、この「認知からの購入」、これをしっかり理解した上で集客の導線を作っていく所から始まります。

 

Web集客のメリット

Web集客のメリットとしては、受動的なユーザー(最初から興味・関心があるお客様)を狙いやすいです。

代表例でいうと、Googleの検索。ここで検索する人は、最初から目的があって検索から探す人がほとんどです。そこから自分のホームページやブログに出会ってもらえるようにするのが、Web集客対策の一つでもあるSEO対策があります。

最近では、SNSも検索エンジンの一種として活用されていますので、より一層、ユーザーの入り口が広がっています。

 

集客方法の種類

Web集客は、一個の方法を分解して説明することができるぐらい多岐に渡るので、今回大きく分けて3つを紹介します。

 

①SEO対策による自然検索集客

王道のWeb集客としては、SEO対策(検索エンジン最適化)が一番です。SEO対策は時代に左右されにくい手法で、しっかりマスターできれば、よりユーザーとのマッチ率が高いです。

 

②広告による有料集客

広告としてお金を掛けることで、ユーザーの目立つ位置に自分の媒体(ホームページ・ブログ等)を表示させることができる集客方法の一つです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンでは、検索結果上位に表示されるPPC広告として、SNSなどはターゲットや表示位置など決めることができるので、どちらの有料広告もユーザーの目に止まりやすいという点では集客アップの可能性は期待できます。

 

③SNS集客

SNSは、少し前までは集客効果が薄いといわれていましたが、ここ1~2年、マーケティングとしてのSNS集客事例が大きく出てきて、今では主要集客方法の一つとなっています。

その一番の理由としては、SNSを検索エンジンの代わりに使う方が増えたことにあります。また、無料使える媒体で、各SNSで利用ユーザーの層が違うので、それぞれのSNSにおいて新しい集客の入り口を作ることができます。

 

まとめ

Web集客の方法は多岐に渡るので、一概にこれをやれば正解というのは難しいのですが、まずはWeb集客の基礎をベースに実施していくことが大事です。

 

全てのニーズに応えるWordPressテンプレート【FMテンプレート】

☆当サイトでも利用している初心者でも使いやすいブログ開設のテンプレートです。


メルマガを始めるなら~

▲トップへ戻る